蔵元を訪ねる・・・鳥取(倉吉市)

(Thu)

Posted in 蔵元

高田酒造
F3HP  Ai-S Nikkor50mmF1.2  Kodak PORTRA 160

先の記事にも書いたけれど、山陰の旅はおいしい日本酒を求めてが主な目的になってしまった。
ここもGWに行った蔵元、『高田酒造』さん。

鳥取の蔵元さんを訪ねるのはここで2軒目。
以前は2年前のGWに智頭の諏訪酒造さんを訪ねた。

日本酒には蕎麦が合うのだろうか、ここ、『高田酒造』さんはお蕎麦のお店もやっておられた。
お昼は私はおろしそば、友人はざるを頼む。
私は蕎麦だけじゃ物足りなく、吟醸酒入りプリンを一緒に頼んだ。
私としては~入りでなくストレートに日本酒を味わうのが好きかな(爆

常温でも大丈夫そうなお酒、純米酒を選んでここをあとにする。
予想以上に美味いお酒。
ネットで純米吟醸『此君』(しくん)を頼む。
ここは蒸し米を造ることにこだわった蔵元さんだ。
そのために米洗いも丁寧に10キロずつ分けて洗われる。


よく愚痴をこぼしながらお酒を呑む人が多いけれど。。。
私は楽しいときにしかお酒を口にしない。
愚痴こぼしながら呑むお酒は美味いって感じない。
お酒って楽しく呑まなくては。。
だから、私は呑むと笑い上戸になって止まらないのだ。
お腹や体のあちこちがつる?ぐらいまで笑う。。
特においしいお酒に出会ったときはお酒もやめられないとまらないけれど
笑いもいつもより止まらなくなる。



Location:鳥取県倉吉市
2012.May.3
スポンサーサイト

蔵元を訪ねる・・・島根

(Sat)

Posted in 蔵元

利き酒セット
KLASSE W  FUJICOLOR NATURA1600


GWに山陰へ旅をした。
旅といえば、やっぱり日本酒。
山陰への旅の目的は遺跡と日本酒だったのだけど、雨ばかりだったので、
自然に日本酒が楽しみになってくる。
日本酒にもそこの土地ならではの味がある。
その土地、食べ物に合った日本酒造りがされてるので、旅をするたびに楽しみなのだ。
そこの土地でそこの食べ物を酒のあてにして地酒を呑むっていうのはなんて贅沢なんだろうって
毎回思うのだ。
そのお酒が予想以上に美味かったときは大袈裟かもしれないけれど、鳥肌が立つ(笑

津和野の宿、のれん宿 明月 さんでは利き酒プランで予約した。
おいしい酒、それに合うあて。。。
酒飲みには最高だと思う。

津和野には3つの蔵元さんがある。
古橋酒造さん(初陣)、華泉酒造さん(華泉)、財間酒造さん(高砂)。

この日、味わうなら純米酒。3つの蔵元さんを呑み比べ。
味は好みそれぞれなんで、私は古橋酒造さんの『初陣』が美味いって思った。
深みのある味で辛口。




古橋酒造
KLASSE W  FUJICOLOR NATURA1600

古橋酒造さん






華泉酒造
KLASSE W  FUJICOLOR NATURA1600


華泉酒造さん


酒盃によっても味が変わる。
なので、自宅にはいろんな酒盃をチルド室に入れて、友人が好きな酒盃を選んで
呑めるようにしてる。
初めて呑むお酒は利き酒用で水色や香りを楽しんで呑むようにはしてるけれど。
酒盃を見るだけで楽しいのだ。
私のお気に入りは常滑で買った、日本酒を愛する作家さんが作ったお猪口。
白磁に口のあたるところが薄く持ちやすい。
冷蔵庫には常にお酒が4~5本あるのだけど、他のものが入れられなくなるのが悩みだ。
日本酒好きのかたは、焼き物の里へ行かれると自分用にお土産にお猪口はいかがでしょうか?



Location:島根県 津和野
2012.May.4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。